東京兵庫県人会からのお知らせ

第47回ふるさとひょうごふれあいセミナーのご案内(平成25年10月2日)

 第47回目の「ふるさとひょうごふれあいセミナー」は、現代中国政治が専門の東京大学大学院法学政治学研究科教授の高原明生氏をお迎えし、「超大国をめざす習近平政権−中国のゆくえと今後の日中関係−」をテーマに講演いただきます。
 近年、日中関係を巡る政治・経済的な動向が報道されない日はありません。会員の皆様方には、高原明生氏の講演を通じて、今後の日中関係のあり方はもとより、グローバル化が進む世界の中で日本の取るべき進路を考える機会として、是非、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

【講師】東京大学大学院法学政治学研究科
教授 高原 明生 氏
【テーマ】超大国をめざす習近平政権
−中国のゆくえと今後の日中関係−
【日時】平成25年10月2日(水)
 1)講 演 18:30〜19:30
 2)交歓会 19:30〜20:30
  
【場所】法曹会館
所在地 東京都千代田区霞が関1-1-1

交 通 J  R:有楽町駅 徒歩10分
    丸の内線・日比谷線:霞ヶ関駅 A1出口 徒歩5分
    千代田線・三田線:日比谷駅 A10出口 徒歩5分
    有楽町線:桜田門駅5番出口 徒歩1分
※なお、会場に駐車場はございません
【参加費】3,000円
【お問い合わせ】東京兵庫県人会事務局(兵庫県東京事務所内)
  担 当 : 三輪
  電 話 : 03-5212-9040
【講師ご略歴】 昭和56年東京大学法学部卒業。同63年サセックス大学開発問題研究所博士課程修了。笹川平和財団研究員、在香港日本総領事館専門調査員、桜美林大学国際学部助教授、立教大学法学部教授などを経て、平成17年から東京大学法学部教授。
 主に現代中国の政治、東アジアの国際関係をテーマに研究。
 主要著作として『日中関係史 1972-2012 政治』(服部龍二共編、東京大学出版会、2012年)などがある。神戸市出身。

前のページへ戻る

このページのトップへ