東京兵庫県人会からのお知らせ

東京兵庫県人会ニュース vol.232【劇作家 平田オリザさん主宰 劇団「青年団」の新たな本拠地「江原湖畔劇場」設立に向けてクラウドファンディング開始!】、【(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構からのお知らせ】

【豊岡に新しい劇場が生まれます!】
 劇団「青年団」の新たな本拠地「江原河畔劇場」設立に向けてクラウドファンディング開始!
〔令和2年2月3日(月)〜3月30日(月)〕

 昨年11月の東京兵庫県人会 総会・交流会でご講演いただいた「劇作家 平田オリザさん」が主宰する劇団「青年団」の本拠地となる豊岡市「江原河畔劇場」の資金をクラウドファンディングで募集中!
 支援額に応じて、年間を通じて公演を観劇できる「劇場支援会員権」やプレゼントなど様々な特典も用意されています。
 皆さまのご支援をよろしくお願いします。友人・知人にも広くお知らせください!

【目的】
 1 人材(=若手演劇人)を育てる仕組みを整える
 2 劇場の機能を高める
 3 観劇しやすい環境をつくる

【資金の主な使い道】
 「児童劇団の創設」や「高校生以下の観劇無償化」「追加の機材購入」などに使います。

【最低目標金額】
 1,000万円
 ※支援金額の総額が増えるほど取り組む内容が増える「ストレッチゴール」を採用

【実施時期】
 令和2年2月3日(月)〜3月30日(月)

【クラウドファンディングウェブサイト 「Makuake(マクアケ)」】
 https://www.makuake.com/project/ebara-riverside/

【江原河畔劇場クラウドファンディング説明資料】
 https://drive.google.com/open?id=1wfTLXqMU7MUWhZJoUTsHz65lR0-iSx81

【江原河畔劇場ウェブサイト】
 https://ebara-riverside.com/


【(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構からのお知らせ】
 巨大災害国際シンポジウム「東日本大震災の総合的検証と次なる巨大災害への備え」 の開催について
〔令和2年3月16日(月) 東京国際交流館 国際会議場〕

 阪神・淡路大震災から25年、日本列島各地で様々な災害が多発するなか、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構では、多くの研究者や関係機関の参画・協力のもと、東日本大震災の復興検証などに取り組んできました。
 そのなかで得られた知見をはじめ防災・復興に関する情報を広く共有するとともに、南海トラフ巨大地震や首都直下地震に対し、社会の総力をあげていかに備え、危機に対処していくべきか考えます。

 ○ウェブサイト → http://www.hemri21.jp/news/2152/

【開催概要】
 1 日 時  令和2年3月16日(月) 13:00〜17:30
 2 場 所  東京国際交流館 国際交流会議場(東京都江東区青海2−2−1)
 3 内 容
  (1) 第1部 東日本大震災の現況と教訓
   <特別講演>
   「東日本大震災の記録保存とデジタルアーカイブの活用」
    講師:アンドルー・ゴードン ハーバード大学教授
   <パネルディスカッション>
   「東日本大震災の復興検証 −教訓を次なる災害に活かす」
    コーディネーター  今村 文彦 東北大学災害科学国際研究所長・教授
    パネリスト       飯尾 潤 政策研究大学院大学教授
                 広田 純一 岩手大学農学部教授
                 ロバート・D・エルドリッヂ エルドリッヂ研究所代表
  (2) 第2部 巨大災害に備える
   <基調講演>
   「阪神・淡路大震災25年−迫り来る巨大災害と危機管理」
    講師 河田 惠昭 ひょうご震災記念21世紀研究機構副理事長・人と防災未来センター長
              /関西大学社会安全研究センター長・特別任命教授
   <パネルディスカッション>
   「南海トラフ・首都直下地震など次なる巨大災害に立ち向かう」
    コーディネーター  室 益輝 兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長・教授
    パネリスト       牧 紀男 京都大学防災研究所教授
                 中林 一樹 首都大学東京・東京都立大学名誉教授
                 重川 希志依 常葉大学大学院環境防災研究科教授
  (3) 総括
    五百旗頭 真 ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長
 4 主 催 (公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構
 5 共 催 読売新聞社
 6 後 援 内閣府政策統括官(防災担当)、復興庁、総務省消防庁、兵庫県、東京都、関西広域連合
 7 募集定員 約300名(無料、先着順)
 8 申し込み方法等
  (1) E-mailの場合
   件名を「巨大災害国際シンポジウム」として、,名前(ふりがな) ⊇蠡亜´ご住所づ渡暖峭罎
 ご記入のうえsympo25@dri.ne.jpに送信してください。
  〔申し込みフォーム〕http://www.hemri21.jp/application/inquiry-3/からでも申し込みできます。
  (2) FAXの場合
   参加申込書に必要事項を記入のうえ078-262-5122に送信してください。
 9 申し込み期限:令和2年3月3日(火)まで
   ※申し込みいただいた方には、開催1週間前までに参加証を郵送しますので、当日ご持参ください。
   ※期日までに定員に達した場合は、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構のウェブサイト(http://www.hemri21.jp/)にてお知らせします。
 10 申し込み・問い合わせ先
   (公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究戦略センター交流推進課
    〒651-0073神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 人と防災未来センター東館6F
    TEL 078-262-5713・FAX 078-262-5122・E-mail:sympo25@dri.ne.jp
 11 その他
   参加に当たっては、公共交通機関をご利用ください。

前のページへ戻る

このページのトップへ