東京兵庫県人会からのお知らせ

東京兵庫県人会ニュース vol.204【(再案内)のののの会「プチ大人の社会科見学」のご案内】、【兵庫県からのお知らせ】

【満員御礼間近】(再案内)のののの会「プチ大人の社会科見学」
 〜だしけぇ、兵庫県東京事務所、行かー!〜〔令和元年8月1日 兵庫県東京事務所(永田町)〕
 「のののの会」(東京兵庫県人会中堅若手の会、対象:20〜50歳代の会員)の企画です。(60歳未満の県人会会員の方なら、どなたでもご参加いただけます)

 東京兵庫県人会ニュースVol.203(令和元年7月11日)でご案内しました、「のののの会」主催「プチ大人の社会科見学」〜兵庫県東京事務所との交流企画〜ですが、おかげさまで、「第1部:兵庫県東京事務所を知ろう!」(事務所見学)は満員間近となりますので、お申し込みはお早めに!
 ただ、「18:30に永田町に着く自信はない」けど「東京にいる兵庫県職員は普段何してるの?」とご興味がわずかでもある方にも交流していただこうと、「第2部:のものも会」(懇親会)だけの参加も受け付けています。
 赤坂で19:45スタート予定なので、少しの残業後でも間に合います!
 兵庫県東京事務所の職員がほぼフルメンバーで参加しますので、県出身職員(例外もいるらしいが)によるディープでローカルな話題に花咲くことでしょう!
 ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

【開催概要】
 1 日 時  令和元年8月1日(木)
 2 内 容
   18:30〜〕第1部:兵庫県東京事務所を知ろう! ※残りわずか!
         (東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館13階)
        ・東京事務所が担うおしごと
        ・最近の県をめぐるあれこれ
  ◆19:45〜〕第2部:のものも会(懇親会) ※こちらだけでも大歓迎!
         中国料理 チャイナ白魂(はっこん)
         (東京都港区赤坂3-21-14 TS共和六番館ビル1F TEL:03-3560-7110)
         《地図》 https://r.gnavi.co.jp/n6guf7xx0000/map/
 3 参加費
  ‖1部(事務所訪問):無料
  第2部(のものも会):3,000円(県人会員) ※なお、県人会員でない方は5,000円となります
 4 特 典  東京では手に入らない、兵庫県グッズのお土産つき!!
 5 備 考
  ・申込の締切は7/26(金)とします。
  ・事務所訪問は先着15名、のものも会は定員30名です。(要事前申し込み)

  ◆この催しは「のののの会」の主催のため、60歳以上の方は残念ながらご参加いただけません。
   申し訳ございませんが、ご了承のほどお願い致します。

【お申込み】
 申込みフォーム→https://pro.form-mailer.jp/fms/6661c946174508

【お問合せ】
 東京兵庫県人会事務局(兵庫県東京事務所内)
 担当:植杉(うえすぎ)
 E-Mail:info@hyogo-kenjinkai.jp


【兵庫県からのお知らせ】
追加募集!東京23区から兵庫県へのUJIターン起業家助成事業!

 東京兵庫県人会ニュースvol197、vol200でお知らせしました、東京23区からUJIターンで起業する方を対象とする「ふるさと起業・移転促進事業(東京23区枠)」は、6月28日(金)に一旦締め切りましたが、このたび、下記のとおり追加募集を開始しましたので、兵庫に縁のある知人やご家族の方などにもお知らせください。
 また、兵庫県内の高校・大学の同郷会・同窓会の御関係の方におかれましては、会員の皆様にも情報提供いただきますようお願いいたします。

【助成制度の概要】
 「ふるさと起業・移転促進事業(東京23区枠)」助成額の上限は100万円で、対象経費の1/2以内を助成します。
 また、最大100万円の移住支援金を給付する制度を設けている市町があります。(詳しくは、移住先の市町にご確認ください。令和元年6月末現在、尼崎市、西宮市、芦屋市、宝塚市、播磨町、三田市、洲本市には移住支援金の制度はありません。)
 さらに、空き家を活用する場合には、改修費の1/2以内、100万円を上限とする助成金の加算があり、助成金とは別に最大500万円を無利子で貸し付ける「ひょうごチャレンジ起業支援貸付」にも同時に申請できます。

【対象となる方】
 平成31年4月1日から令和2年1月31日までの間に起業した(する予定の)方で、東京23区で連続して5年以上在住もしくは在勤し、兵庫県に移住した(する予定)の方

【対象となる事業】
 次の3要件を充足する社会的事業
 (ア)地域社会が抱える課題の解決に資すること(社会性)。
 (イ)提供するサービスの対価として得られる収益によって自律的な事業の継続が可能であること(事業性)。
 (ウ)地域の課題に対し、当該地域における課題解決に資するサービスの供給が十分でないこと(必要性)。

【補助対象期間】
 令和元年10月〜令和2年1月の4か月間に支出した経費が補助対象となります。

【追加募集期間】
 7月16日(火)〜8月16日(金)

 ☆       ☆       ☆

 兵庫に移住して起業したい!という方のご応募をお待ちしています。
 詳しくは、公益財団法人ひょうご産業活性化センターのウェブサイト等をご覧ください。

 ・移住支援金に関するご案内 → https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr05/hyogo-matching/overview.html

 ・追加募集に関するご案内 → https://web.hyogo-iic.ne.jp/kigyo/furusatokigyou

 また、女性、若手(35歳未満)、シニア(55歳以上)、UJIターン起業家(東京23区に限らない「ふるさと起業・移転促進事業(一般枠)」)などを対象としたメニューも、7月31日(水)の締切まであと2週間ほどになっています。
 助成・貸付の対象となる要件や申し込み方法など、詳しくは公益財団法人ひょうご産業活性化センターのウェブサイトをご覧ください。

 ・助成金に関する事業のご案内 → https://web.hyogo-iic.ne.jp/guide/joseikin
 ・助成金を活用した起業事例集 → https://web.hyogo-iic.ne.jp/sogyo/

前のページへ戻る

このページのトップへ