東京兵庫県人会からのお知らせ

東京兵庫県人会 vol.187【スローライフ・フォーラム in 丹波篠山実行委員会からのお知らせ】

【スローライフ・フォーラムin丹波篠山実行委員会からのお知らせ】
 新しく“デカンショ”を唄おう スローライフ・フォーラムin丹波篠山開催!
 〔2019年3月10日(日) 13:00〜16:30 於:篠山市立篠山市民センター〕

 「兵庫県政150周年」の2018年、一つの市が、新しい時代へ動きました。
 篠山市が、住民投票を行い市名変更を決めました。2019年5月、新しい年号と歩調を合わせて、新しい市−「丹波篠山市」がスタートします。
 篠山市は、自然風土がすばらしい日本のふるさとで、伝統文化も味わい深いまちです。丹波焼とデカンショ節、二つの「日本遺産」を持ち、2015年には「ユネスコ創造都市」にも選ばれ、最新鋭科学へのアプローチも視野に入れつつあります。
 この「丹波篠山市」で、新しい時代の新しい政策を創りだすことは、兵庫県政にとっても注目すべき動きであり、とりわけ大切なのは、外との交流を徹底して深めていくこと、その試みの一つが、スローライフ・フォーラムです。
 ゆっくり、ゆったり、ゆたかに。高度成長時代の歪みを正すスローライフ。「デカンショ節」を手掛かりに、「みどり」「ひかり」「みのり」三つの視角から丹波篠山市の進むべき道を考えます。フォーラムに先立って、三つの「グループ・トーク」を開き、それぞれ市民5〜10人、市役所の有志3人ほど、スローライフ・ジャパンからのアドバイザー1人で話し合います。そこでの議論をまとめて、フォーラムに持ち込みます。

【開催概要】
 1 日 時  2019年3月10日 13:00〜16:30(開場12:30)
 2 場 所  篠山市立篠山市民センター・多目的ホール(兵庫県篠山市黒岡191-1)
 3 内 容 
  〔基調講演〕
   講 師:神野 直彦(日本社会事業大学学長)
   テーマ:「地域再生の潮流の中で」
〔パネルトーク〕
テーマ:「輝く未来のメッセージ」
パネリスト:
   井戸 敏三(兵庫県知事)
   金出 武雄(ロボット工学者)
   中村 桂子(JT生命誌研究館館長)
   坪井 ゆづる(朝日新聞論説委員)
   乾 正博(シン・エナジー(株)代表取締役)
   野口 智子(ゆとり研究所所長)
   篠山市長
 4 参加費  無料
 5 主 催  スローライフ・フォーラムin丹波篠山実行委員会(兵庫県・篠山市)
 6 共 催  NPOスロー・ライフジャパン、スローライフ学会

【お問い合わせ】
 「スローライフ・フォーラムin丹波篠山」実行委員会事務局
 篠山市政策部創造都市課  079−552−5106

前のページへ戻る

このページのトップへ