東京兵庫県人会からのお知らせ

東京兵庫県人会ニュース vol.165【《予告》第40回「東京兵庫県人会 総会・交流会」のお知らせ、新作能『田道間守』東京公演のご案内】

【《予告》第40回「東京兵庫県人会 総会・交流会」のお知らせ】
 〜平成30年11月12日(月) ホテル椿山荘東京〜

 東京兵庫県人会の最大の催し物、「総会・交流会」は、発足の昭和54年から始まり、今回で記念すべき第40回を
迎えます!
 後日、会員様に案内状を送付いたしますので、お申し込みは今しばらくお待ちください。

【開催概要】
1 日 時  平成30年11月12日(月)
2 会 場  ホテル椿山荘東京 5F グランドホール椿 (旧名称:オリオンの間)(東京都文京区関口2-10-8)
3 テーマ  『ひょうごの縁(えにし)、会うを楽しむ』
4 内 容  〔現在予定されている内容〕
(1) 開 場  16:45 (予定)
(2) 第1部  縁を楽しむ 〔17:30〜18:30〕
    ・ふるさとコンサートなど[コンサートを拡大して開催します!]
(3) 第2部  会うを楽しむ 〔18:40〜20:50〕
    ・総会・交流会
(4) 出  展  アンテナショップ、ふるさと屋台、利き酒コーナー等(調整中)
5 会 費  8,000円より (学生は1,000円)
6 特 典  ・福引抽選会の当選確率が高くなりました!
       ・抽選に外れても、当日出展のアンテナショップ等で使えるお買物券が もらえます!
※申込方法および、参加費のお支払い等については、後日郵送する案内状にてお知らせします。

【お問合せ】
東京兵庫県人会事務局(兵庫県東京事務所内)
担当:植杉(うえすぎ)
E-Mail:info@hyogo-kenjinkai.jp



【新作能『田道間守』東京公演のご案内】
 〜平成30年8月29日(水) 主催:田道間守製作委員会〜

 豊岡市三宅にある中嶋神社に祀られている菓子の神「田道間守命(たじまもりのみこと)」の伝説を京都観世流能楽師
田茂井廣道氏の脚本により制作、平成26年3月豊岡市民プラザにて初演。この度、但馬を舞台に描いた新作能『田道間守』待望の再演を、東京の国立能楽堂にて開催する運びとなりました。
 豊岡市立神美小学校の児童も子方として参加し、「田道間守の歌」を披露いたします。
 ぜひ、我がふるさとに伝わる伝説から創作された能作品を国立能楽堂の舞台でご覧いただきたくご案内申し上げます。

【日時】
8月29日(水)午後6時開演 8時半終演予定
【場所】
国立能楽堂(渋谷区千駄ヶ谷)
【出演】
梅若 実、観世 喜之、観世 喜正、林 宗一郎 ほか
【料金】
全席指定 SS席(正面)12,000円
      S席 (正面)10,000円
      A席(脇正面) 8,000円
B席(中正面) 7,000円
【主催】
田道間守製作委員会
【協力】
観世久皐会、梅若会、林能楽会
豊岡市/豊岡市民プラザ・NPO法人プラッツ
【お問合せ】
田道間守製作委員会
http://www.tamoi-noh.com/tajimamori/

前のページへ戻る

このページのトップへ