東京兵庫県人会からのお知らせ

第53回ふるさとひょうごふれあいセミナーを開催します(平成27年10月7日)

 第53回目の「ふるさとひょうごふれあいセミナー」は、兵庫県養父市の広瀬 栄(ひろせ さかえ)市長をお迎えし、「養父市からの挑戦〜日本の中山間地域の未来を見据えて〜 」をテーマにご講演いただきます。
 平成26年5月に国家戦略特区に指定された養父市は、農業分野において、規制緩和による多様な担い手の確保、耕作放棄地の解消や6次産業の推進など、先進的な特色ある手法で地域の活性化を図ろうとする自治体として、地方創生が叫ばれる今、全国から注目を集めています。
 広瀬市長は、国家戦略特区の成功に向けて奔走される傍ら、その合間にご自身も農業に汗を流されています。地域の農業に親しみ、その素晴らしさを熟知される市長ならではのお話から、養父市の取り組みを通して見えてくる日本の中山間地域活の活性化への可能性とその魅力に触れていただきたく、ご案内申し上げます。
 《今回、ご参加の方々には、養父市の特産品としてブランド化を目指す朝倉山椒を使った、南仏発祥の万能調味料タプナード(カタシマ蝓砲函廃校を改修した完全人工光野菜栽培施設で作られたレタス(オリックス蝓砲鬚持ち帰りいただき、その美味しさをお試しいただきます。》
 多くの皆様のご参加をお待ちしています。

【講師】兵庫県養父市長 広瀬 栄 氏
【テーマ】養父市からの挑戦
 〜日本の中山間地域の未来を見据えて
【日時】2015年10月7日(水)
1)講 演 18:30〜19:30
2)交歓会 19:30〜20:30
【場所】法曹会館
所在地 東京都千代田区霞が関1−1−1

交 通 J  R:有楽町駅 徒歩10分
    丸の内線:日比谷線:霞ヶ関駅 A1出口 徒歩5分
    千代田線:三田線:日比谷駅 A10出口 徒歩5分
    有楽町線:桜田門駅5番出口 徒歩1分
※なお、会場に駐車場はございません
【参加費】3,000円
【お問い合わせ】東京兵庫県人会事務局(兵庫県東京事務所内)
  担 当 : 藤岡
  電 話 : 03−5212−9040
【講師ご略歴】 昭和22年生まれ。
 昭和46年鳥取大学農学部を卒業後、建設会社で勤務。
 昭和51年旧八鹿町役場へ入る。商工労政課長、建設課長などを歴任し、平成16年に旧養父郡4町が合併し養父市発足。都市整備部長、助役、副市長を務める。
 平成20年養父市長選に出馬し初当選。現在2期目。在職中よりPPP(公民連携)手法を積極的に取り入れる。
 平成26年5月に国家戦略特区の指定を受けるなど、地方創生に向けてチャレンジを続けている。

前のページへ戻る

このページのトップへ