同好会情報:俳句サロン「道草」(俳句)


第八回開催(H24.2.23)の様子
 俳句サロン「道草」も、お蔭様で6年目に入りました。

 俳句サロン「道草」は、住田先生はじめ会員一同が毎月第三水曜日に元気に集い、楽しく俳句を作っています。教室はいつもの人形町区民館です。11名のメンバーで俳句研鑽に努めており、仲間の増えることを全員で期待しています。
 新しい仲間と一緒に、日本の「四季の移ろい」や古来から伝わる日本文化を学びましょう。そして、日々の生活の「新しみ」「面白み」を、17音に表現しましょう。ご一緒に楽しい時間を過ごすことが出来れば嬉しいです。
 入会されて最初に授業に参加して下されば、一気にこの雰囲気が理解されることを確信しております。あと5名ほどの新会員が増えることを期待しております。最下段の「同好会情報」にあります連絡先、もしくは県人会事務局に、お気軽にご連絡下さい。お待ちしています。

同好会からのお知らせ

2018/8/20:第85回 俳句サロン「道草」を開催しました
 8月「道草」は、8月15日(水)に人形町区民館の4号洋室で開催しました。この日の人形町は、終戦記念日の街というより、お盆中日の街という方が、適切であったかも知れません。お休みをしている店もかなり多く見られました。先月の句会に皆さんにお渡しできなかった「第七句集」を、今日は配布しました。ただ今回は、校正作業に関して大反省です。このミスは次の機会に活かします。
 本日のご出席は、大西六訥さん、君塚明峰さん、久保竹里さん、坂上まさあきさん、伊達瀬音さん、原晶如さん、本間傘吉さん、白然の8名でした。太田一光さん、木村栄女さん、田中空雅さんは、所用、ご旅行、静養ということでご欠席。一光さんと空雅さんからは、投句をいただきました。

 狂った今夏の気候は、狂ったままに進行しているように思います。次々と日本の何処かを狙う台風が発生し、今度は南方洋上に19号まで発生させています。住田先生の指示された季語が下述の「稲妻」あるいは「秋の雷」となりましたのも解る気がします。先生のご説明では「稲妻」は、遠くで光る音のない稲光を言い、雷鳴を伴う「雷」とは区別されています。句を詠むときには注意した方が良いなと思いました。先生から提示された今日の席題と、皆さんが詠み且つ選句した天賞句と最多得票賞句(☆印)は次の通りです。

席題1.「秋の雷」又は「稲妻」
◎『秋の雷眼光鋭き仁王像』 明峰
◎『稲妻や天空叫び横走る』 六訥

席題2.「枝豆」
◎『枝豆や八方の手が山くずす』 竹里
◎『枝豆や多弁多食に友の通夜』 晶如

席題3.当季雑詠の自由題句
◎『涙した少年老いたり敗戦忌』 傘吉
◎『魚焼く煙も疎き残暑かな』 明峰
◎『台風の青山崩し土と化す』 瀬音
◎『かなかなの声で終へるや野良仕事』 白然
 (道人の一句)
 枝豆や暫し両手をふさがれし  住田道人

 席題1.では、明峰さんの句「秋の雷眼光鋭き仁王像」が、天賞一つと最多得票賞句(☆印)を獲得しました。秋の雷は少し気ままなところがあって、突然に遭遇することがあります。この句からもそんな情景が浮かびますが、眼光の鋭い仁王像の前で迎えた雷鳴のタイミングに、共感を持つ選者が揃い、最多得票賞(☆印)に輝きました。六訥さんの句「稲妻や天空叫び横走る」も天賞一つを獲得しました。横に走る稲光に、今年の稲の豊作を願う選者の気持ちが表れているのでしょう。

 席題2.では、竹里さんの句「枝豆や八方の手が山くずす」が、天賞一つと本人以外の全員が選句するという最多得票賞句(☆印)を獲得しました。まるで「道草仲間」のような元気な集団のことでしょうか。八方から伸びた手が、あっという間に盛られた枝豆の山をくずしていく情景が浮かんできます。健康をもたらせてくれる句になりました。晶如さんの句「枝豆や多弁多食に友の通夜」も、天賞一つを獲得しました。友の通夜の席上、逝去した友の思い出が語られ、最近の仲間の様子が語られ、通夜に参列した友人間ではかなり多弁になる席上が見えてきます。枝豆の功績も忘れられません。

 席題3.の自由題句では、傘吉さんの句「涙した少年老いたり敗戦忌」が、天賞二つと最多得票賞句(☆印)を獲得しました。戦後73年、嘗て敗戦の口惜しさに涙した少年も今は老人になりました。感慨深い句が生まれました。もう一つ、明峰さんの句「魚焼く煙も疎(うと)き残暑かな」が、天賞二つに輝きました。今一つ、魚料理を好まれない明峰さんです。ご近所で焼かれる魚の煙、しかも残暑のこの時期に・・・という気持が共感できるというものです。瀬音さんの句「台風の青山崩し土と化す」も、天賞一つを獲得しました。中国地方を襲った今夏の台風、テレビに映し出された緑の山々が豪雨に崩れて、無残にも土肌をむき出しにされた姿は、被害の大きさを物語っていました。白然の句「かなかなの声で終へるや野良仕事」も最多得票賞句(☆印)をいただきました。夕刻に聞こえて来るかなかなの声、これを合図に仕事を終える気持ちを詠んでみました。

 二次会は、竹里さんがスマートフォンの情報サイトで予約して下さったお店が、実は休日で使えないということが判明し、急遽、久し振りに「浜町亭」にお邪魔しました。店長さんも変わっておられて、また新鮮な「浜町亭」をアピールされていました。住田先生が新店長さんと、もうお一人のスタッフの方の似顔絵を描いて下さり、あっという間に、新しい「浜町亭」との良好なコンビネーションが展開されてきました。今後が楽しみです。ではまた来月の「道草」で元気にお会いしましょう。(白然記)

同好会情報

代表者氏名:芦尾 芳司(東京兵庫県人会顧問)
メールアドレス:ashio.yo@diary.ocn.ne.jp
電話番号:045-892-0438
FAX:045-892-0438
会からのメッセージ:【住田先生のご紹介】
 住田道男さんは「元気に百歳」クラブの俳句サロン「道草」を主宰されていて、初心者に俳句を解りやすく指導され、参加者から喜ばれております。
 また似顔絵を得意とされる人気者の明るい先生です。
 NHK全国俳句大会に二年連続して入選されておられ、今なお俳句の奥の深さを研究されています。
活動状況案内:○スケジュール 毎月第三水曜日 13:30〜16:30

○講   師 住田道男 先生
○場   所 中央区集会場(主として人形町区民館)
○費   用 
(1)入会金  2,000円
(2)月謝   1,000円/月
(3)講師謝礼 1,000円/年2回(7月、12月)

○持 参 品 毎回筆記用具はご持参ください
○募集会員数 20名程度
入会のお誘い(WORD):入会のお誘い(WORD)のダウンロード

開講の様子です。皆さん熱心に聴講しています。

作句発表の様子です

住田先生の講評時間です

第一回開催(H23.6.21)の様子

2013年を元気に迎えた俳句サロン「道草」のメンバー

俳句上達と健康を祈願した区民館近くの水天宮様

このページのトップへ