同好会情報:俳句サロン「道草」(俳句)


第八回開催(H24.2.23)の様子
 俳句サロン「道草」も、お蔭様で6年目に入りました。

 俳句サロン「道草」は、住田先生はじめ会員一同が毎月第三水曜日に元気に集い、楽しく俳句を作っています。教室はいつもの人形町区民館です。11名のメンバーで俳句研鑽に努めており、仲間の増えることを全員で期待しています。
 新しい仲間と一緒に、日本の「四季の移ろい」や古来から伝わる日本文化を学びましょう。そして、日々の生活の「新しみ」「面白み」を、17音に表現しましょう。ご一緒に楽しい時間を過ごすことが出来れば嬉しいです。
 入会されて最初に授業に参加して下されば、一気にこの雰囲気が理解されることを確信しております。あと5名ほどの新会員が増えることを期待しております。最下段の「同好会情報」にあります連絡先、もしくは県人会事務局に、お気軽にご連絡下さい。お待ちしています。

同好会からのお知らせ

2018/4/22:第81回 俳句サロン「道草」を開催しました
 久保竹里さんが、よんどころないご都合で急遽、欠席されるという4月「道草」になりました。その所為でもないでしょうが、関東一円は涙雨となり、傘の花咲く雨の人形町でした。本日の道場一番乗りは君塚明峰さん。今日もまた草月の銘菓「黒松」をご持参下さいました。明峰さんいつも有難うございます。次々と道場に入室されるメンバーの中、本日は一年半振りに田中空雅さんの笑顔の参加があり、その瞬間、“Welcome back !”と、大きな声で出迎えていました。空雅さんも久し振りということで「皆さんに」と、お菓子をお持ち下さいました。明峰さん、空雅さんご馳走様です。

 本日のご出席は、太田一光さん、大西六訥さん、君塚明峰さん、木村栄女さん、坂上まさあきさん、田中空雅さん、伊達瀬音さん、原晶如さん、本間傘吉さん、白然の10名。雨にも季節はずれの寒さにも負けず、人形町区民館に元氣に揃い、ご欠席の竹里さんは投句で参加して下さいました。今日はもう一つ申し上げることがあります。藤原波古さんのお申し出により、少し長い休養を取られることになりました。また元気な笑顔で人形町にお出ましになることを心から祈念し、静かにお待ちしています。

 さて開講です。住田先生は冒頭に、病を克服され体調を整えられて、久し振りに元気な顔を出された空雅さんを歓迎され、「今日の席題ですが、嘗て空雅さんが佳句を詠まれた『凍て蝶』の句があります。そこで今日は席題2.で、蝶の句を詠んでもらいます」と仰って、白板に準備された用紙、席題1.「暮の春」又は「暮春」。席題2.「蝶」。席題3.「自由題句」を掲げられました。ここからが緊張感の張りつめた時間の始まりです。そして、皆さんが脳細胞をフル回転させて詠まれ、選句された天賞句並びに最多得票賞句(☆印)は、下述の通りです。

 席題1.「暮の春」又は「暮春」
 ◎『酒乾せばなどか侘しき暮の春』 傘吉
 ◎『川の瀬のぬたうつ鯉や暮の春』 白然
 ◎『百度石なでて結願暮の春』 晶如

 席題2.「蝶」
 ◎『珈琲の香にスイングや朝の蝶』 栄女
 ◎『初蝶や少しときめきある出合い』 明峰
 ◎『孫跳る蝶のシールを頬に貼り』 瀬音
 ◎『きざはしの栞のやうに蝶の昼』 晶如

 席題3.当季雑詠の自由題句
 ◎『屋形船花の隅田に陣をとり』 栄女
 ◎『襖絵に雨意ひえびえと仏生会』 晶如
 ◎『引鳥や明日発たむかと池静か』 瀬音
 ◎『吐くひとの緩む笑顔や四月馬鹿』 傘吉
 ◎『高垣の八重山吹や雲わたる』 白然

(道人の一句)
 初蝶や垣根飛び立ち句座に舞ふ  住田道人
 
 席題1.では、傘吉さんの句「酒乾せばなどか侘しき暮の春」が、天賞一つを獲得しました。中七の「などか侘しき」という表現に、来し方と暮の春が共鳴して、醸し出している哀感が、選者の琴線を振るわせたのでしょう。白然の句「川の瀬のぬたうつ鯉や暮の春」も天賞一つをいただきました。中七で使った動詞「ぬたうつ」が、暮春の鯉の様を表現しているという評価をいただきました。最多得票賞句(☆印)は、晶如さんの句「百度石なでて結願暮の春」が獲得しました。この句も中七の「なでて結願」が、百度とは言わないまでも、心の中では何度も何度も百度石をなで、願いごとが結願した暮の春。その表現が見事だと思います。「俳句の良し悪しは、中七の働き次第」と言われますが、まさに中七の大切さを痛感します。

 席題2.では、栄女さんの句「珈琲の香にスイングや朝の蝶」が、天賞二つを獲得しました。珈琲の香に誘われて庭に舞い込んできたのか、一羽の蝶と流れる音楽、その豊かで爽やかな朝の風景に、選者の共感が集まりました。最多得票賞句(☆印)は、明峰さんの句「初蝶や少しときめきある出合い」でした。「初蝶」の初々しさと「少しときめきのある出合い」が、まさに句全体をときめかせており、選者はそこに共鳴したのでしょう。この句では、まさあきさんから「『であい』という言葉は、他に『出会い、出逢い、出遭い』があり、この『出合い』は『予期せぬ出合い』に使われ、『目的があり予定した』というときは、『出会い』を使います」とのご教示がありました。一つまた新しい知識をいただきました。次に瀬音さんの句「孫跳る蝶のシールを頬に貼り」も、天賞一つを獲得しました。駆け回る孫の生き生きとした活発な動きを、愛おしく見守る好々爺が見えてくるようですね。もう一句、晶如さんの句「きざはしの栞のやうに蝶の昼」が天賞一つを獲得しました。本に挟まれた栞が、整然と階段状に見えるように、蝶が綺麗に並んで休んでいる昼が見え、その一瞬をパチリと収めた写真のように思えます。選からは洩れましたが、六訥さんが句に詠み込まれた蝶の古名「かわひらこ」が、新たな知識になりました。

 席題3.でも、栄女さんの句「屋形船花の隅田に陣をとり」が、天賞一つと最多得票賞句(☆印)に輝きました。本日の栄女さんは絶好調。隅田川満開の桜を、船上から愛でる優雅なお花見はまさに至福の時間、言葉は要りませんね。また晶如さんも、今日は三句入選という見事さですが、自由題句「襖絵に雨意ひえびえと仏生会」が、天賞を獲得しました。釈迦尊降誕祭、「本来もう少し穏やかな日の筈なのに、冷え冷えとした一日で、襖絵からは冷たい雨意を感じる花祭りとなった」というところでしょうか。瀬音さんの句「引鳥や明日発たむかと池静か」も天賞一つを獲得しました。「北帰行の鳥たちが、明日出立という直前の情景、池は静かにその時を待つ」というところでしょうか。ここでは「引鳥」という季語を学びました。傘吉さんの句「吐く人の緩む笑顔や四月馬鹿」が天賞一つを獲得しました。この句は文字通りの句で、四月馬鹿の日に、中七「緩む笑顔や」に、作者の心の温か味を感じますね。白然の句「高垣の八重山吹や雲わたる」にも天賞一つをいただきました。山吹の黄色に対して移り変わる空の色の変化を詠みました。選外になりましたが、まさあきさんの句「花筏割れたる先の鯉の群」も高得点を獲得しました。

 今日、私たちが提出した全句31句のうち、無投票句が2句にとどまり、自由題句では無投票句ゼロという快挙、伯仲した佳句揃いの一日になりました。選句の時間には室内のあちこちから「今日は難しいなぁ」と、ため息交じりの声が聞こえておりました。本日の冒頭に、住田先生が配布して下さる資料にも「俳句における『語順』の大切さがありましたが、間違いなく皆さんの句に成果は表れています。住田先生有難うございます。

 夕刻には雨もすっかり止んで青い空に変わっていました。竹里さんの居ない二次会ですが、皆さんと相談して、久し振りに「ぶんぶく」に行きました。店長はじめいつものメンバーが、笑顔で歓迎して下さり、和やかな二次会になりました。ただ、一光さん、六訥さん、空雅さんも二次会は欠席されたので、いつもより少し静かな二次会になったでしょうか。来月は賑やかな二次会にしたいですね。               (白然記)
2018/3/27:第80回 俳句サロン「道草」を開催しました
 第80回目になる三月「道草」です。開催日の第三水曜日がちょうど「春分の日」と重なっておりましたので、皆さまにもお諮りした結果、第三水曜日を重視しての祭日開催となりました。ただその3月21日(水)が、これがまた大変な一日で、冬へ舞い戻るような雪混じりの雨が降る、寒い一日になりました。それでも住田先生をはじめ出席予定の皆さんは、元気に人形町区民館に集いました。太田一光さん、大西六訥さん、君塚明峰さん、久保竹里さん、坂上まさあきさん、伊達瀬音さん、原晶如さん、白然の8名が会場となる四号洋室に元気に現れました。木村栄女さん、田中空雅さん、藤原波古さん、本間傘吉さんの四名がご欠席でしたが、空雅さんと傘吉さんが投句で参加して下さいました。

 三月はまた、一年締め括りの「道草」になります。住田先生恒例の年度末行事でありますが、年間皆勤賞と、一日欠席があっても投句で参加された特別皆勤賞に該当する方々を表彰して下さる日でもありました。表彰状の裏面には、それぞれ表彰された方の詠まれたこの一年の優秀句も書いて下さっているという住田先生の温かい気持ちが溢れている表彰状でもあり、さらに副賞として先生が選んで下さった俳句に関する本一冊を頂けるという有難いものでもあります。住田先生、いつも本当に有難うございます。

 さて俳句を詠む時間の始まりです。住田先生が「今日の席題は、明解な季語だけに却って難しいかもしれませんね」と仰って、白板に提示された本日の席題は、席題1.「春時雨」。席題2.「初桜」又は「初花」。席題3.「当季雑詠の自由題句」でした。これがまさに仰せの通りになり、「季語」については、その難しさについて後述させていただきますが、皆さんが詠まれた句にも苦心の跡が窺えると思います。その中から皆さんが選句された天賞句並びに最多得票賞句(☆印)を、下述のとおりご披露致します。

席題1.「春時雨」
 ◎『詣で道腓に跳ねる春時雨』 まさあき

席題2.「初桜」又は「初花」
◎『老木の幹に胴吹き初桜』 晶如
◎『川の面風の鉛筆初桜』 明峰

席題3.当季雑詠の自由題句
◎『たんぽぽの綿毛吹く児や光り満つ』 空雅(投句)
◎『病床や浮かぶ隅田の桜餅』 六訥
◎『ぶつぶつと干潟の穴は生きてをり』 晶如

(道人の一句)
 老木の瘤にいきなり初桜  住田道人

 席題1.では、まさあきさんの句「詣で道腓に跳ねる春時雨」が、天賞一つと最多得票賞句(☆印)に輝きました。春時雨の跳ねる雨水が、ちょうど腓のあたりにかかるという具体的な表現からは、読者が詣で道の状態をいろいろに想像してしまう句になっているように思います。席題1.では、この句のほか、瀬音さんの句「春時雨雲居の中に薄日あり」が、高得票を集めました。まさあきさんの句の「腓」と、瀬音さんの句の「雲居」という言葉が読者に強い印象を残しました。

 席題2.では、晶如さんの句「老木の幹に胴吹き初桜」が、天賞一つと最多得票賞句(☆印)を獲得しました。本日の住田先生の『道人の一句「老木の瘤にいきなり初桜」』にもありますように、幹や瘤になっているところにいきなり咲く桜花があります。晶如さんはこの初桜を見つけ、中七、下五に「幹に胴吹き初桜」と表現されましたが、この表現が皆さんの共感を得たものと思われます。もう一句、明峰さんの句「川の面風の鉛筆初桜」が天賞一つを獲得しました。中七の「風の鉛筆」という表現が、選者の心を強く捉えたようです。仰せの通り「風の鉛筆」という表現は、想像をいろいろに掻き立ててくれるフレーズで、俳句を嗜む方には、どこかに使いたくなるフレーズではないでしょうか。中七を大切に詠まれる明峰さんならではの見事な表現でした。

 席題3.では、天賞二つを獲得された句が三句ありました。今回は選者の共感が、三句に集中したとも言えるのではないでしょうか。先ずは空雅さんの投句「たんぽぽの綿毛吹く児や光り満つ」が天賞二つ最多得票賞句(☆印)に輝きました。後で判ったことですが、住田先生が投句を受理されるまでに、空雅さんは推敲を重ねること三回、三度のメールやり取りの中で生まれたということです。それにしましても納得のいく句を詠まれるまでの空雅さんの集中力は見事でした。実は病気を克服されての「道草」再登場を、四月から開始するとのメールがありました。これまた良かったですね。次は六訥さんの句「病床や浮かぶ隅田の桜餅」が天賞二つと高得票を獲得されました。一歩お先に病を克服されている六訥さん、ご自身の体験を込められたのでしょうか。病床で桜餅を浮かべられていた姿に皆さんの共感が集まりました。現在はオーバー気味であった体重を落とされ、健康に留意されている六訥さんです。益々のご健勝を祈念します。もう一句、晶如さんの句「ぶつぶつと干潟の穴は生きてをり」が、上五の「ぶつぶつと」に、自然界の春のエネルギー湧出が見事に描き出されていて、天賞二つと高得票を獲得につながったと思います。

 前述もしましたが、「季語」についての難しさです。俳句誌でも広告の見出しに「季語の本意」ということが書かれることが多いですが、常に言われることは「季語の本意を理解することの大切さ」と「季語の本意に拘泥し過ぎない自由さの必要性」についてです。
 ただ、季語の本意を正しく理解しているかと、わが身を振り返るとき、後になってその未熟さを突き付けられて、頭を垂れています。季語の理解が不十分なため、句の中で季語が働いていない反省、先ずは正しい季語の本意の勉強から始めねばならないのでしょう。住田先生、よろしくお願い申し上げます。

 二次会は竹里さんがアレンジして下さったお店「はなたれ」での開催となりました。お魚と日本酒を得意とされるお店で、美酒、美味なる馳走の中で、今日も賑やかな意見交換会の場が現出しました。また初お目見えのお店である「はなたれ」です。住田先生が店長と私たちの担当して下さった店員さんの似顔絵を描いて下さいました。一挙にお店との交流密度が濃くなり、店長さんもご担当の方も書いていただいた似顔絵を持ってお礼の挨拶に来て下さいました。住田先生、有難うございました。今日もまた充実した二次会を持つことが出来ました。
流石に来月は暖かくなった人形町になっているでしょう。病気療養中の方も気分を一新なさって、皆さんお揃いで元気にお会いしましょう。
(白然記)

同好会情報

代表者氏名:芦尾 芳司(東京兵庫県人会顧問)
メールアドレス:ashio.yo@diary.ocn.ne.jp
電話番号:045-892-0438
FAX:045-892-0438
会からのメッセージ:【住田先生のご紹介】
 住田道男さんは「元気に百歳」クラブの俳句サロン「道草」を主宰されていて、初心者に俳句を解りやすく指導され、参加者から喜ばれております。
 また似顔絵を得意とされる人気者の明るい先生です。
 NHK全国俳句大会に二年連続して入選されておられ、今なお俳句の奥の深さを研究されています。
活動状況案内:○スケジュール 毎月第三水曜日 13:30〜16:30

○講   師 住田道男 先生
○場   所 中央区集会場(主として人形町区民館)
○費   用 
(1)入会金  2,000円
(2)月謝   1,000円/月
(3)講師謝礼 1,000円/年2回(7月、12月)

○持 参 品 毎回筆記用具はご持参ください
○募集会員数 20名程度
入会のお誘い(WORD):入会のお誘い(WORD)のダウンロード

開講の様子です。皆さん熱心に聴講しています。

作句発表の様子です

住田先生の講評時間です

第一回開催(H23.6.21)の様子

2013年を元気に迎えた俳句サロン「道草」のメンバー

俳句上達と健康を祈願した区民館近くの水天宮様

このページのトップへ