同好会情報:俳句サロン「道草」(俳句)


第八回開催(H24.2.23)の様子
 俳句サロン「道草」も、お蔭様で6年目に入りました。

 俳句サロン「道草」は、住田先生はじめ会員一同が毎月第三水曜日に元気に集い、楽しく俳句を作っています。教室はいつもの人形町区民館です。11名のメンバーで俳句研鑽に努めており、仲間の増えることを全員で期待しています。
 新しい仲間と一緒に、日本の「四季の移ろい」や古来から伝わる日本文化を学びましょう。そして、日々の生活の「新しみ」「面白み」を、17音に表現しましょう。ご一緒に楽しい時間を過ごすことが出来れば嬉しいです。
 入会されて最初に授業に参加して下されば、一気にこの雰囲気が理解されることを確信しております。あと5名ほどの新会員が増えることを期待しております。最下段の「同好会情報」にあります連絡先、もしくは県人会事務局に、お気軽にご連絡下さい。お待ちしています。

同好会からのお知らせ

2019/1/22:第90回 俳句サロン「道草」を開催しました
 短い平成31年の始まりです。1月16日、人形町区民館にて1月「道草」を開催しました。人形町大通りには、まだ紅白の段幕が残されていて、まだまだお正月気分たっぷりのようでした。甘酒横丁の酒屋さんの「甘酒あります」の貼り紙も真新しく、街行く人もどこかのんびりとしていました。本日のご出席は、太田一光さん、坂上まさあきさん、伊達瀬音さん、田中空雅さん、原晶如さん、本間傘吉さん、白然の7名でした。大西六訥さん、君塚明峰さん、木村栄女さんは、別の会合がありご欠席で、久保竹里さんは、お隣様の突如の災難に、お助けマンぶりを発揮しなければならなくなり、投句での参加となりました。竹里さん、お疲れ様です。

 住田先生は新年のご挨拶の後、改めて伝統俳句の現状についてお話になられ、私たちの目指すべき「道草」の伝統俳句継承を説かれました。今日、配布して下さった資料「高柳克弘の名句鑑賞」のコピーの中に、飯田龍太作「一月の川一月の谷の中」があり、印象強く響いてきました。そして住田先生が提示された本日の席題と、皆さんが詠まれ、選句された天賞句と最多得票賞句(☆印)は、下述の通りです。
 
 席題1.「雑煮」
 ◎『夫婦して祝ふ雑煮の淡きこと』 まさあき
 ◎『しみじみと眺む雑煮の二個の餅』 白然

 席題2.「笑い初め」又は「初笑い」
 ◎『「今年もな」と午前零時の笑初』 白然
 ◎『皺くちやの顔に味あり初笑ひ』 傘吉

 席題3.当季雑詠の自由題句
 ◎『健げなる緑ひとすじ草氷柱』 晶如
 ◎『初詣掃目床しき祠かな』 まさあき
 ◎『初電車席譲りあふ和顔かな』 傘吉

(道人の一句)
 大喜利や檀蜜も座し初笑ひ  住田道人

 席題1.では、まさあきさんの句「夫婦して祝ふ雑煮の淡きこと」が、圧倒的な最多得票賞句(☆印)を獲得されました。下五の「淡きこと」に、雑煮だけでなくご夫妻の全てを語らせています。そして句全体に豊かでしみじみとした情感を醸し出させているのではないでしょうか。白然の句「しみじみと眺む雑煮の二個の餅」が、天賞一つを獲得しました。雑煮の二個の餅には健康と安寧を託し、もう三個は食べられなくなっている齢についても、上五中七の「しみじみと眺む」に込めました。また最多得票賞句には届きませんでしたが、瀬音さんの句「子ら来たり彩り香る雑煮かな」は、ご家族が集合され、一家で祝うお正月のお膳の賑やかさと、囲むご家族の和やかさや艶やかさも伝えられて、高得点を得ました。

 席題2.では、白然の句『「今年もな」と午前零時の笑初』が、天賞二つと最多得票賞句(☆印)を獲得しました。住田先生から「上五の括弧くくりの省略された言葉が、奏功している句」とのお言葉をいただきました。有難いことでした。傘吉さんの句「皺くちやの顔に味あり初笑ひ」天賞一つを獲得しました。皺くちゃの笑顔の中に見えるこの方の初笑いからは、これまでのご苦労によって練られた人としての温もりが溢れ出てくるように伝わってきます。素晴らしい初笑いですね。

 席題3.の自由題句では、晶如さんの句「健げなる緑ひとすじ草氷柱」が、天賞二つと最多得票賞句(☆印)を獲得されました。中七の「緑ひとすじ」という表現が、草氷柱の様子を見事に捉えていて、選者はまさにこの草の健気さに、共感を示されたのだと思います。晶如さんは上五の「健げなる」が、少し気になると仰っていましたが、一段と素晴らしい句に推敲されることを期待します。住田先生は「品位の高い句ですね」と、評されました。もう一句、まさあきさんの句「初詣掃目床しき祠かな」が天賞一つと、最多得票賞句(☆印)を獲得されました。中七、下五の「掃目床しき祠」に、元旦の朝の淑気が感ぜられます。選者の一票は、この淑気に投じられたものと思いました。住田先生はこの句も「品格のある句ですね」と仰せられました。「品位の高い句」とは・・・、今後、私たち全員をして、目指すべきものがあるように思いました。空雅さんの句「初電車席譲りあふ和顔かな」が、天賞一つを獲得しました。下五の「和顔かな」が、お正月を大切にする日本人気質を表現するのには、ふさわしい言葉ではないでしょうか。譲り合う電車の中の様子から、仏教の大無量寿経にいう「和顔愛語(わげんあいご)」の穏やかで和やかな笑顔が浮かんできます。選外ですが、 一光さんの句「階下への水漏れ騒ぎで年明くる」にも票が集まりました。新年早々の災難で、お正月どころではなかったかと察せられます。優しい一光さんですから、階下の方へのお気遣いも大変ではなかったかと拝察することでした。

 二次会は竹里さんがお休みになられており、竹里さんが区民館お隣の浜町亭を予約していて下さっていましたので、竹里さんのご指示を厳守の上、円滑に二次会は進行しました。しかも、8年目を迎えた私たちの「道草」開催が、今年11月で丁度、第100回目を迎えることになりますので、これを記念する「吟行」の実施を起案するところでした。一光さんの見事なリーダーシップの下、まさあきさんのご支援を得て、I区で開催することが決まりました。来月は20日(水)に、人形町区民館で開催します。皆さん、流行っているインフルエンザを寄せ付けないで、元気に集まりましょう。(白然記)

同好会情報

代表者氏名:芦尾 芳司(東京兵庫県人会顧問)
メールアドレス:ashio.yo@diary.ocn.ne.jp
電話番号:045-892-0438
FAX:045-892-0438
会からのメッセージ:【住田先生のご紹介】
 住田道男さんは「元気に百歳」クラブの俳句サロン「道草」を主宰されていて、初心者に俳句を解りやすく指導され、参加者から喜ばれております。
 また似顔絵を得意とされる人気者の明るい先生です。
 NHK全国俳句大会に二年連続して入選されておられ、今なお俳句の奥の深さを研究されています。
活動状況案内:○スケジュール 毎月第三水曜日 13:30〜16:30

○講   師 住田道男 先生
○場   所 中央区集会場(主として人形町区民館)
○費   用 
(1)入会金  2,000円
(2)月謝   1,000円/月
(3)講師謝礼 1,000円/年2回(7月、12月)

○持 参 品 毎回筆記用具はご持参ください
○募集会員数 20名程度
入会のお誘い(WORD):入会のお誘い(WORD)のダウンロード

開講の様子です。皆さん熱心に聴講しています。

作句発表の様子です

住田先生の講評時間です

第一回開催(H23.6.21)の様子

2013年を元気に迎えた俳句サロン「道草」のメンバー

俳句上達と健康を祈願した区民館近くの水天宮様

このページのトップへ